人気ブログランキング |

後輩の博士審査がありました

にわです。帰国直前です。
普通アメリカの卒業は5,6月なので3月は特に何でもない月なハズですが、いろんな事情があって昨日、日本人の後輩の博士試験(defence)がありました。

日本でもアメリカでも、博士になるには成果を十分上げて、何人かの教授に認めてもらう必要があります。このステップが結構しんどくて、研究の結果見いだした博士論文がここにきて「おかしいだろ」と覆されて、卒業できなくなることがあります(昔は)。なので、博士論文を守るという意味でdefenceと言われるそうです。人づての情報ですが。
日本はそういうのはあっさり形骸化するので、博士はサッサと卒業させたいし、defenceというほど物騒ではないです。いかに散々叩かれようとも、精神的にやられたとしても、多くの場合卒業はすると思います。アメリカに来る前はもっとちゃんとやってるんだろうと思ってたんですが、そうでもなかったです。先生に「defenceやっていいですか?」教授「わかった、もういいだろう」と言わせるまでが勝負。defenceまで来て落ちるケースはあんまりないそうです。

ハーバードのウチの学科の場合、defenceは2つのパートに分かれます。まず学生&教授陣の前で講演会。その後審査の先生3人に囲まれてディスカッション。二つ合わせて2時間くらいです。後者が半端無く怖い気がしますが、実際は成果さえあれば普通のディスカッションで、先生次第では楽しそうな気もします。今回博士になった彼は成果実力とも言うことないレベルで、見た感じ余裕のdefenceでした。さすがです。
博士論文もしっかりもらってきました。自分がこれまで見てきたのとは細かいところが違っておもしろいです。表紙がちゃんとしてるというか、論文のように住所が記されてあったり、「All right reserved」と書いてあったり。博士論文に限らずこういう類の著作物の扱いが違うなぁと思いました。

彼はこれで博士になるわけですが、これまた事情があってまだしばらく研究室に残るそうです。日本に帰ったらなかなか会えなくなるなぁ。

ついでだけど、こんなことをtwitterで話してたらフィンランドのdefenceは恐ろしいぞとある方が教えてくれました。この写真見てもらうとわかるけど、正装して剣を持ってやるそうで・・・。危ないよ!
by dirniw | 2010-03-07 03:49 | lab


もうどこに行くか全くわからない。相変わらずマイペースな日常を綴っていきたい・・・なぁ


by dirniw

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
全般
飲み!
京の都にて
京都邸の生活
lab
東京のお話
京都へ!
うーん
お買い物
海外へ!
旅がらみ
東京に戻る
in Boston
神戸の生活
大学のお話
未分類

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 08月
2011年 11月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧