カテゴリ:lab( 22 )

【新世界探索編】小さな学会

【新世界探索編】の新世界というのは、
「今までの研究からは若干距離を感じる世界」です。

有機反応の開発ばかり10年以上やってきてるけど、その応用展開を考えて神戸に来たわけです。
展開するには自分の枠を超えないといけないのだから、新世界が必要なのは言ったら当然です。
そんなわけで、先週「日本分子イメージング学会」に行ってきました。
この投稿は、忘備録みたいなものです。

分子イメージングとは、分子を見えるようにする技術のことです。
身の回りには無数に分子があるはずなのだけど、僕らが見ているのは分子の集合体であって、その一つ一つは見えません。だから、分子を見たいのであれば色々な工夫が必要なわけです。例えば分子が何らか信号を発するようにするとか、分子に特別な光を当てて光らせるとか、そういうことです。分子が見えると何が嬉しいの?というと目的次第でいろいろですが、お薬が体内のどこに行ったかが見えて、本当に期待した高価を発揮しているかどうかが判断できます。最近ではがん細胞を光らせることで、外科手術での切り落としを防ぐなどのことが実現できています。

すると分子イメージングでhappyになるのは医薬方面の世界の方々が多いのだけど、そこは分子。分子をいじれるのは化学者(もっと言うと有機化学者)しかいないのだから、僕らが仕事をしなければいけない分野なのです。
ですが学会は華々しい結果が並ぶので、化学はスルーで大体医薬、生物系のお話ばかりです。色々聞いていて寂しい気もしたけど、そんなことは覚悟の上だったからしかたがないのです。


学会に参加して感じたことはいろいろあったのだけど、一番強く思ったのが
「狭い世界だな・・・」ということ。
規模も決して大きくないし、発表者のほとんどが関係者じゃないのかというレベル。
例えば、
・蛍光といえば◯◯研、という風に技術が一部のラボに偏ってる
・共同研究者がそれぞれ発表しちゃってる
・海外からinviteしてきた講師の後に、そのラボのポスドク経験者が講演してる
凄いなと思ったのが
・座長と発表者が同一ラボ
こんなことがありうるのか。学生っぽい講演者の名前を呼ぶ先生がぎこちなかった気がするぞ。
小さな学会ならではの特徴がここに表れているのでしょうか。うーん。

考えてみれば自然なことで、分子イメージングのような学際領域の研究は、どうしてもプレイヤーが少なくなりがちだと思います。学際領域にいる先生の専門は多岐に渡るわけで、ここだけが自分のフィールドではないはずです。研究の展開の中でこの領域を一時的に離れる人もいるだろうし、学会全体の流れもあるはず。学際領域の維持と拡大は、とても難しい話じゃないかと思います。小さい組織から始めて学会を拡大する過程で共同研究などもするだろうけど、声かけやすい理解者が学会参加者と大きく重なるだろうし、関係者だらけの学会になりがちなのかもしれないですね。

僕のホームの有機金属化学討論会は参加者は常に多く、発表者のレベルも高いです。これは学会が長いこと続いてるのも一因だけど、それより対象分野が基礎科学なのが大切ですよね。ここを軸に手を伸ばすことはできるけど、他が軸で有機金属に手を出す人は少ないというか。基礎ってそれだけで面白いし、掘ったら掘っただけ面白いことが見つかる(と思っている人は多い)ので、社会の流行り廃りに左右されず長続きするんじゃないかなって思います。分子イメージング学会とすごく対照的な気がしました。


学会の細かいことはアレですが、まあ異世界でした。
また再来週、新世界探索編第2弾があるので、異世界を堪能してこようと思います。
なお、第3弾の予定は今のところありません。
[PR]
by dirniw | 2013-06-05 22:10 | lab

新しい職場の雑感その1

大学から研究所に移って初めの一週間が経ちました。
全く雰囲気が違うのだけど、その思うところをつらつらっと書きます。

研究所というと集まっている人が大人ばかりです。
そりゃ大学院生はみな大人だけど、教育を期待してラボで研究を行う学生が多数派です。
やっぱり、学生っていう雰囲気とノリを持ち合わせているのが大学のラボだよね。
今いる研究所はそういうものが一切感じられません。
若くても25以上くらいで、みな仕事の遂行に黙々と頑張っています。
とても静かです。賑やかな声は研究員より事務員の方が多い気がします。

あと、研究が仕事になっているってひしひしと感じます。
研究やってて気になるなら、いくらでも実験して確かめたらいいじゃんって、
大学の時はそれが普通と思っていました。
こちらでは限られた時間とリソースの中で、何をやるかを考えて動いてる印象です。
これだけ書くと当たり前のことなんだけど、要するに時間の使い方が大学のラボとは違います。
僕は企業で研究したことはないけど、企業みたいなイメージです。
企業で働くってこういう感じなんだ、と勝手に理解しています。スッキリ飲み込めます。
あと企業らしいところといえば、お金の使い方が大胆です。
目的を達成するためならある程度お金が出ます。
人件費もかなりかかっているので、少し高価な機械を使ってでも効率的に仕事を進めようとします。
人数が限られているチームの成果の最大化のためには当然の選択だと思います。

あんまり整理できていないけど、まずはこんなところですね。
この少人数向けの良い環境で、少し大きめのラボを運営できたら、
かなりいろんなことができるんじゃないかなぁ。


……誰か一緒に研究しない?学生でもポスドクでも大歓迎です!
[PR]
by dirniw | 2013-04-06 22:55 | lab

ちゃんと働いてます

にわです。がんばってます。

あんまり細かく書けないけど、学生と一緒にがんばってます!話のわかる学生と共に、ここの所はネタ探しにがんばっているところです。ネットが部屋につながらない環境にいながら、ブツブツ言いながらがんばって働いています!
始まったばかりであれこれ言うのはよくない、よくないよね。けどこれだけは仕方ないよなって思うのは、部屋が狭いということ。ホントに狭い!これまでが広かったのかなぁ。でも学生実験室は贅沢な作りだったよ!その辺なんとかなりませんか?環境説明会で思わずクレームつけてしまいました。危険性を下げるのは大切だけど、こんな環境じゃ対応できないよ!的な狭さでビビってます。火事になったら命の危機だなぁと学生と確認しました。事故起こさないようにがんばります。

最近は大学の新歓に萎えてます。気持ちはわかるけどオレは萎えるなぁ、年を感じさせられて。オレにもビラとかくださいよ。新入生なんだから(笑)

というわけで、明日は初めてのオレプレゼンツの講義です!
[PR]
by dirniw | 2010-04-12 00:16 | lab

後輩の博士審査がありました

にわです。帰国直前です。
普通アメリカの卒業は5,6月なので3月は特に何でもない月なハズですが、いろんな事情があって昨日、日本人の後輩の博士試験(defence)がありました。

日本でもアメリカでも、博士になるには成果を十分上げて、何人かの教授に認めてもらう必要があります。このステップが結構しんどくて、研究の結果見いだした博士論文がここにきて「おかしいだろ」と覆されて、卒業できなくなることがあります(昔は)。なので、博士論文を守るという意味でdefenceと言われるそうです。人づての情報ですが。
日本はそういうのはあっさり形骸化するので、博士はサッサと卒業させたいし、defenceというほど物騒ではないです。いかに散々叩かれようとも、精神的にやられたとしても、多くの場合卒業はすると思います。アメリカに来る前はもっとちゃんとやってるんだろうと思ってたんですが、そうでもなかったです。先生に「defenceやっていいですか?」教授「わかった、もういいだろう」と言わせるまでが勝負。defenceまで来て落ちるケースはあんまりないそうです。

ハーバードのウチの学科の場合、defenceは2つのパートに分かれます。まず学生&教授陣の前で講演会。その後審査の先生3人に囲まれてディスカッション。二つ合わせて2時間くらいです。後者が半端無く怖い気がしますが、実際は成果さえあれば普通のディスカッションで、先生次第では楽しそうな気もします。今回博士になった彼は成果実力とも言うことないレベルで、見た感じ余裕のdefenceでした。さすがです。
博士論文もしっかりもらってきました。自分がこれまで見てきたのとは細かいところが違っておもしろいです。表紙がちゃんとしてるというか、論文のように住所が記されてあったり、「All right reserved」と書いてあったり。博士論文に限らずこういう類の著作物の扱いが違うなぁと思いました。

彼はこれで博士になるわけですが、これまた事情があってまだしばらく研究室に残るそうです。日本に帰ったらなかなか会えなくなるなぁ。

ついでだけど、こんなことをtwitterで話してたらフィンランドのdefenceは恐ろしいぞとある方が教えてくれました。この写真見てもらうとわかるけど、正装して剣を持ってやるそうで・・・。危ないよ!
[PR]
by dirniw | 2010-03-07 03:49 | lab

研究職の人事

1月も半ばに差し掛かってきました。
ようやく大学のポジションの就活時期です。
この場合、大学のアカデミックポジション(研究職)のことを指します。教授とか準教授とか。

研究職の採用も、その過程は書類を提出して面接を経るというもので、普通の就活と同じです。ただやはり少し様相が違うというか、独特かなぁと思う点が二つあります。

一つは、公募に対して採用されるのが多くの場合一人だけということです。受ける側からすれば単純に確率が低いので、優秀な実績を持っている人でも全く安心できないと思います。また雇う側からすれば、一人しか取れない人事というのは過酷だと思います。ハズレを引いたら研究室の運営にガタが来るわけで、取り返しのつかない状況になるわけです。このため、おそらく応募してきた人の中からデキそうな人については、教授間のネットワークを使って人間性を調べるでしょう。やっぱ科学ができる人より、リーダーシップを取れるいいヤツの方がその後の展開が期待できると思います。

もう一つは、公募が急に来ることです。研究職に「新卒採用」的なものは必要ないので、ポジションが空き次第いつでも公募は行われます。ポジションが空きっぱなしなのはまずいので、即公募して即採用、即働き始めるわけです。だから、例えば今年の4月から働きたいなんて思っても、公募が行われるのは1月とか2月。ギリギリなんですよねー。今自分がそんな状況で、ポストを探している段階なんだけど、3ヶ月後の自分がどこで何をしているのかがわからないというのは、如何なもんなんだろう・・・。これじゃセンターを控える受験生と同じだよ。もう少し早めに決められないもんなのか、大学側で検討して欲しいなぁ。

自分のことだと不安でしょうがないところなんだけど、逆に他人のことについては興味津々です。就活と違って一人しか選ばれないから、「この公募には誰が行くんだろう」って気になるわけで、しかも正解がその内公開されます。特に教授や準教授レベルだと人も大体知れてるし、予想できるわけですね。結構外れるけど。特にこの3月に自分の知ってる定年を迎える教授が多くて、後釜が誰になるかはすごーーーく気になります。その内わかるんだけどねー。

大学の人事ってのはいつも楽しいネタです。でも自分が振り回されるのは気持ちいいもんじゃないね。早く仕事が決まってここに書けるようになるといいなぁ。
[PR]
by dirniw | 2010-01-13 11:26 | lab

Happy Mole Day!

完全に化学ネタです。

今日はモルの日だそうです。

昼過ぎに同僚の講演会みたいなものがあって、小さな講堂のようなレクチャールームに行ったわけです。そしたら黒板に子供が書いたようなキャラと「HAPPY MOLE DAY!」と書いてありました。

別に分子に関する歴史的発見のあった日とかではありません(多分)。黒板に理由が書いてありました。それは化学で出てくるアボガドロ定数(6.0223×10^23)というやつです。1モルは6.0223×10^23個の分子から成るように定義されています。

なのでこれにちなんで
朝6時02分23秒、10月23日
ということで、モルの日です。


いいよね、こういうジョークがドーンと講演会場に書き残してあるのって。
そういやちょっと前に「ポスドクの日」ってのもありました。こっちは何でか全くわからないけど、メールか何かで広く認知されてるみたいです。ジョークに理解がある人たちだから、ジョークが伝わりやすいのかなぁ。些細な冗談をちゃんと笑ってくれる人たちって印象いいと思うけど、日本にはなかなかいないよねー。1対1の会話ならまだしも、スピーチや講演会のジョークはむしろ日本じゃ印象悪いように思います。

とはいえ、関西の学会に行くと積極的に笑いを取りに行く人もいます(ニワの元ボスはそうでした)。ふざけてたり誤魔化すのに使う、マイナス印象なジョークではなくて、場の空気を和やかにして、ディスカッションが円滑に進むようなプラスに受け入れられるジョークがいいね。
そういうジョークを披露できる人が、ウチの業界はもちろん、広くマジメな世界に広まったらいいのに。

もちろん、聞く側が真に受ける人ばかりじゃダメなんだけど。いっぱいいるじゃん、マスコミの流す情報に、ブログや何かで批判ばかりしている一般人。こんなんじゃまだまだ日本社会にいいジョークは生まれないだろうなと思います。

僕は僕で、身近なところでがんばってみます。こっちのジョークは思ったより面白いよ!
[PR]
by dirniw | 2009-10-24 09:23 | lab

ノーベル賞はすごいけど

それどこじゃないです。D論間際にちょっと忙しくなってきました。
ちょっとブログをほったらかしにし過ぎたので、少しだけ書いておきます。

前に書いたように、ニワさんは今度留学します。英語とか全く苦手ですが、そんなことは心配していません。益川教授も全然ダメだそうです。それでもノーベル賞、ホント心強いですねー。
英語は苦手だけど、できることならアメリカにいて働けるのもいいなぁと思っています。アメリカなら企業でも楽しいかなと思ってて。もちろんずっと日本の企業よりしんどいだろうけど、体験として面白いし、給料もしっかり出るしね。企業でないならなおさら幸せだけど、さすがにそんなに甘くはないよねー。
けれど、そういうことを相応するほど、日本の研究職の待遇は悪い!

最近ノーベル賞が日本人で4人出た、というけど(それは嬉しいことだけど)、日本人は2人ですよ?下村先生と南部先生は若くしてアメリカに行ってアメリカで研究した内容で賞をもらった、国籍もアメリカの方です。絶対手放しに喜べないなぁと思ってます。
それだけでなくて、最近国民年金の猶予(学生特別猶予)に利子が付き始めたり。
奨学金が返せないときの処置がどんどん激しくなってきたり。
いつか「東大の博士の授業料はタダにする」ってニュースが流れたけど、実は違っていたり。

はっきり言って、仕事や研究するのに国を選ぶ義理はないと、最近感じています。なんか、そう思うくらいイヤなニュースばかりで、イライラしてます。あ、D論近いからかな?
けど、研究者の待遇については最近ニュースでも取り上げてくれるコメンテーターとかがいて、そんなニュースは喜んで見てます。

偉いこと言ったってアメリカで働くのはハードルが高いし、国の制度を変えて学生の待遇をよくするとか考えられないよね。でも、どっちか実現したらおおいに自慢したいなぁと思ってます。よろしく。


ちょっと加筆。
南部先生って、wikiだと日本人だけど、ノーベル賞のページだとUSAってなってるよ。正しくは日本人なの?
[PR]
by dirniw | 2008-10-12 19:07 | lab

いざボストンへ

最近いてもたっても考えるところは留学のことです。
まずは地球の歩き方や地球の暮らし方を買って、ボーッと読んでます。幸せです(笑)

まずはボストンの場所を調べて、あー凄い北だ!とか。HarvardとMITが近くにあるんだけど、どんな感じなのかなぁ、とか。2つの大きな大学が地下鉄で2駅離れたぐらいの、歩いても行けるくらいの距離にあります。
最近まで大嶌研の先輩がMITに行ってて(多分ちょうど今頃帰ってきた)、今度その人のいた研究室に後輩が行くんだけど、2人の家はどこにあるのかなぁとか。google Map使っている人は知っていると思うんだけど、最近は地図、航空写真だけじゃなくて、ストリートビューというのがあって、道の眺めが見られるんですよ。住所見て道をたどってみて、ここのどこかに住んでるのかなぁとか・・・。

まだ1年も先のことなのに大分楽しみで(笑)エリサともいろいろしゃべってます。
1年どころか半年後の自分もロクに想像したこともないのに、いろいろ考えるのが楽しいです。その内飽きるかもねぇ。

それはそうと、おめでとうメッセージありがとうございます!>Juriちゃん
そうそう、錯体を触ってるみたいで、それがやってみたかったんだよね〜>いしあい
留学っていうキャリアはおもしろくていいんですけど、本当はその次を決めたいですよねー。何となく、ボストンで2年くらい研究できたらいいなぁとぼんやり思っています>みゃさん
アメリカ人がよく働くのか、ドイツ人で若いからよく働くのか・・・ナゾです。きっと偉い先生のところで「勝手にやっていいよ」的なところにいけば週5だったんじゃないかなぁと思ってます。まぁ、働きたいから行くんだし、エリサに負担かけつつもがんばってきたいよね〜>Ryoks
確かに、近くにHarvard行くって人がいたら凄かったかもなぁ。この話をしたら「とりあえずネタにする」って人がいてくれてます。使ってやってください>やん

このネタは当分あんまり増えないはずなので、今度は東京ネタでも書きますね。
学会で東京行くんで、会う人はよろしく、飲みましょう!(含いしあい)
[PR]
by dirniw | 2008-03-16 21:39 | lab

新年度の生活

わりかし元気にやってます。弟子がホントにいいヤツだ!
自分の実験があんまり進んでない気がするけど・・・5月入るまでは甘く見ることにします。

明日はちょこっと東京に帰ります。
前の教授の退官記念パーティーがあるのです。なんと国際フォーラムで。
化学をやればやるほど前の教授は凄かったと言うことがわかってきて、今回のパーティーというか講演会も結構楽しみにしてます。ちょっとお金かかるのが気になるけどね!
前の研究室のOBは大学に残っている人も多く、京都に来てからもちょこちょこ学会で会うのです。そんな人たちと会って話をできるんなら、面白そうだよなぁ。知り合い増えてホントによかった!
どんな会になったかは、気が向いたら書きます。ここを見ているOBのみなさん、参加するのであれば明日会いましょう!

そんでもって、7月に筑波に遊びに行くことが決まりました。
5月には大津でシンポジウムもあるし、お出かけたくさんで楽しみだ!ちょこちょことネタが増えてきていい感じだな。そういう刺激がないとおもしろくないもんね。

ここのところちょっとブログな気分じゃなくて更新さぼってましたが、ボクは元気だということです。一生懸命仕事してるので、よろしく!
[PR]
by dirniw | 2007-04-14 00:14 | lab

まさかの席替え(苦笑)

今いる研究室で、この日記をよく見る人は二人だけだと信じて、今日は書きます。
いやー、がっかりな感じになりましたよ〜。

今日からちゃんと新年度に入りました。
前の学会が終わってからは年度が変わったような気分なので、何かきっかけがないと「年度が変わる」って実感が湧かないんだよね。秘書さんが3月30日に、「来年度もよろしくお願いします」と挨拶していったのを見て驚いたくらい。いや、ちゃんと勤めている方は違うなぁと関心しました。やっぱまだボクは学生です。

そして今朝、新年度初で研究室に行きました。まだちょっとした春休みの最中で、来てたのは全体の3割くらいかなぁ。朝から普通にやっていると、ちょっと気にしてたものが張り出されていました。
それは前の奈良坂研の時もしきりに話題となっていた、席替えと言うヤツです。
こちらの大嶌研、以前はスペースにも余裕があって、席替えをわざわざ指示してなかったそうです。空いてるところに勝手に移動、みたいな。奈良坂研じゃ考えられませんね。人気が集中しちゃうしね。
去年は(多分)助教授が独立して人口が偏ったから、席替えが張り出されていました。てっきりこの年だけかと思ったいたら、今年、新入生がたくさんくるなどなどの理由により、再び席替え表が張り出されました。いろいろあるんです。

基本的にニワはどこでもいいんですが、ごく一部やっかいに思う人もいるわけです。うん。席替えはそういう人間関係を大いに意識した配置となるそうで、しばしば依光さんが「痛みを分かち合っていくしかない」と聞かされていました。全く、そうですねー。
そして今朝の表を見てみると・・・やっかいさんの目の前じゃないですか。あいたー、そう来るか!
席替え表をのんびり見ていると、なんとなく表を決めた気持ちというか、考えが伝わってくるようです。ホントはこんなこと考えなくてもいいのにねぇ。お仕事が増えてしまって何とも言えない気持ちです。が、教授も全く同じことを言ってました。
年中朝から晩まで実験室にいる人たちにとって、どこの席かというのは重要な要素ですね。ちなみにその表により、今度新M1を見ることになったようです。師匠役、頑張ります!

やっかいさんと性格が全く合わない気がするので、どこかでぶつかりそうな気がするな・・・。弟子や後輩に心労をかけないように、無難に過ごします!

・・・変な抱負だなぁ(笑)
[PR]
by dirniw | 2007-04-02 23:56 | lab


もうどこに行くか全くわからない。相変わらずマイペースな日常を綴っていきたい・・・なぁ


by dirniw

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
全般
飲み!
京の都にて
京都邸の生活
lab
東京のお話
京都へ!
うーん
お買い物
海外へ!
旅がらみ
東京に戻る
in Boston
神戸の生活
大学のお話
未分類

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 08月
2011年 11月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧