カテゴリ:うーん( 12 )

ラスベガスに行くけれども

こんにちは、にわです。
ゴールデンウィークならぬサンクスギビングのため、明日から木、金、土、日と休んでラスベガスへ行きます!ラスベガスといえばカジノですよね〜。自分は大した勘もテクニックもないので、少ない金を全部ジャックポット(当たれば10億以上)に放り込んでやろうかと画策してます。ビギナーズラックをこのスケールで狙ってきます。

最近研究が停滞気味なのもあって(?)、日本の仕分け関連のニュースに気を取られっぱなしです。これ全部twitterのせいなんだろうなぁ。情報がバンバン流れてくるから気になって気になって。気になりすぎて意見流したら反応してくれる方がいて、嬉しいんだけど時間取られてます。確実に。完全にはまってしまいました。けどこんなの日本の研究室じゃ「あいつサボってるぞ」って後ろ指指されるかも知れないし、できません。アメリカにいる間はボチボチ楽しませてもらいます。

いろんな意見、ニュースが入ってきて、あの仕分けは何だったのかと悩まされます。
事の発端は仕分けによる科学系予算の削減からでした。それで皆様の意見っていうのが

 ・(仕分け人)社会、国民への説明責任がないから削減は当然
 ・(研究者)基礎科学への投資は日本に不可欠だ、削減は有り得ない
 ・(若手?研究者)研究者にも反省すべき点はたくさんある、状況を変えるいい機会だ
 ・(学会等の声明)偉い方々、多くの方々が声を上げるが、反省の声はあまりなく「削減反対」しか言わない
 ・(政府)仕分けで削減されたけど、政府の方針は元々「科学技術重視」だ

ぼんやりとこんな感じですか?
自分は若手研究者に属していると思うけど、どの意見もまぁ受け入れられます。大学の事務の人事とか終わってるなぁと思ったことが学生なりにあったので、大学の効率化はまだまだいけるんだろうと思いますし。こんな例は他にも思いつきますが、これはみな前の教授の雑談の頻出の話題でした。そういう先生のグチは面白かったなぁ。

気になるのは、大学を司っている偉い教授、理事と、若手の研究者の意見がどれくらい交換されているのかどうか。twitterやwikiなど、ネットで見る意見は偉く建設的だけど、既に中枢にいる人にとってどのくらい現実的なのか聞いてみたい。やる気があればできるのか、文科省の協力次第で可能になるのか、など。あんまりネットに興味ある大御所は少ないだろうからなぁ。でもほっておくと「若手の声明」っていうのが挙げられるだけで、大学運営に全く影響しないかも。もし大学の運営に変化を起こそうとするなら、ちゃんと現場からの意見(実際動く学生や若手のスタッフ)も吸い上げてほしいなぁと思います。今大学に所属してないようなもんだから、ちょっと他人事っぽくなっちゃうけど。

あと、「仕分け」はどのくらいパフォーマンスでどの程度本気なのか、よくわからない。仕分けの議題に上がってからは本気の仕事だと思うし、仕分け人もある意味代表としてがんばったと思います。けど、仕分けの議題に上がったのは事業全体の15%だそうで、しかも「臨時雇用などの多い切りやすい事業が多い」とも言われているそうな。確かに文科省の最近の大学の事業は、人を雇っても「ポスドク」「特任教授」とか、期限付き。何とか特別法人みたいなところで公務員扱いされている人よりは切りやすいと思います。その辺がパフォーマンスっぽいっていうか、本気じゃないんだよね。この辺り、政府と仕分け人の正直な意見を聞きたいところだけどなぁ。

Harvardにきて、研究に向かう姿勢とか意外に日本と同じだなぁって思った点も多いんだけど、効率化においては日本は惨敗だと思うのね。これも例はいっぱい思いつくんだけど。仕分けの話を見ながら、日本にどんだけ導入できるものかと考えています。日本には日本なりのやり方があるのかもしれないけど、グローバル化の世の中だっていうんだし、大学が一番グローバル化しやすいと思います。ガラッとやり方を変えてみたらいいと思うなぁ。


こんなしんどいこと考えてると疲れます。ラスベガス行ったらレジャーに集中する!
[PR]
by dirniw | 2009-11-26 09:09 | うーん

僕の給料も削減対象

にわです。先週はいろいろ萎えました。アメリカから日本のニュース見てますよ。
もちろん、一番萎えたのは事業仕分けで削られたお金のことです。

今僕がお世話になってる「特別研究員事業」というヤツも削減対象です。これは博士課程の学生(最近は当選率20%程度?)に給料を渡して生活を支援するという事業です。最近はCOE(これも削減になった)など他でもお金をもらえるシステムができてきたので、博士課程まで来ればバイトせずともある程度生活できる、そんな感じでした。
今回の授業仕分けでは、他費用効果がしっかり評価につながりました。特別研究員のように限定された人に給料を渡すだけのシステムでは、問題視されて当然です。もちろんお金をもらうワケなので、事前の研究提案書と事後の結果報告はもちろん要求されます。けど目的達成率なんてものは測定できないし、評価によって金を返すわけでもないわけです。かかるお金に対して、何も納税者へのリターンは皆無にも思えます。この制度自体、学生の競争を促すことはできても問題点はまだいっぱいあります。

でもこれをなくすってのは、博士課程に行くなといわれているようで、博士課程進学自体を評価していないことのようで、何だか腹が立つわけです。

元々博士課程を増やして国の研究水準を底上げしようとして始まった制度です。今は景気も悪く博士を使いこなせていないんだから、人数そのものを減らすと言うこと自体は賛成です。けれど、このシステムがあって、それを無くすっていうことを、本当に賢い研究者の卵はちゃんと理解しちゃうと思います。「今、博士課程に行って研究の道に進むのはどうなのか」と。
かつていた東大(理)も京大(工)も、本当に優秀そうな人は修士で卒業して、専門分野を活かした企業なり、全く関係ない金融や保険業界に行ったりしてます。彼らは彼らでしっかり活躍しているし、いいと思うんだけど、そういう人たちが増えていくことは、基礎研究業界にとってどうなんでしょう?限られた人材を企業や大学が取り合うのは普通のことだと思います。けど大学にある魅力が純粋な基礎科学への興味だけだとしたら、これから100年後も企業とやり合っていけるのかなぁとも思います。
本当に賢い人たちが博士にならないのならば、博士の質は落ちていき、博士の評価は今より下がるでしょう。もちろん基礎研究のペースも期待できないし、日本は「海外の科学で技術を作る」国になるんでしょう。ピンと来ないかもしれないけど、ips細胞の原理を「買って」実用化を目指すみたいな感じ?そういう加工貿易的な技術立国を目指すなら、せめてアメリカに勝てるくらいフットワークの軽い国になってほしいなぁと思いますけど。そうでなかったら、「技術」も他国に先越されて、結局「科学技術は輸入する」になっちゃうよ。そしたら、日本はどの分野で稼ぐ国になるんでしょう?

ながなが書いたけど、日本が科学と技術で稼げる国でいて欲しい(他に何で稼ぐんですか?)から、その根っこにある基礎研究と研究者をある程度評価してほしいな、ということです。今回仕分けされたけど、「科学技術はゼロでいい」じゃなくて、効率よく再分配すると信じています。その時に、政権の皆さんの科学に対する考え方がわかるんだろうと思います。


ところで、最近twitter始めました。たまたま始めたばっかでこんな問題がでてきたから、twitterは大盛り上がりです。でも、みんな何しか科学者なので、冷静に分析して自分らにできることを言い合ってます。ちょっと嬉しいね。ただ国や文科省の批判に終わらない人たち、もう動いてる人たちがいることを知ることができて、twitterやっててよかったなと思いました。

なんで、ヒマだったらフォローしてください。http://twitter.com/merushi
[PR]
by dirniw | 2009-11-17 11:23 | うーん

ひさびさに復活

どうもみなさまこんばんは。

気がついたら最終更新から3ヶ月も経ってるじゃないですか。

五条に引っ越してきて「ネットがつながらねぇ」とか言ってしばらく見ないうちに、かなり距離置いてしまいました、ブログと。更新するのが嫌いだとか、書く内容がないだとかそんなわけじゃなかったんです。
ただ、ちょっと、面倒くさかったんです(苦笑)
研究室にネットはあるけどあまりに私用で使うの感じ悪いし、ネットカフェにわざわざ更新に行くのも嫌だったんです。あぁでも、京都に住みだしたときには週1でネカフェに行ってたなぁ。最近は一人で暇でしょうがない!ってときがほとんどなかったので更新も途絶えましたが、ぼちぼち復活させます。


自分の身辺についても書くことは山ほどあります。
直接会っている人には話しているんですが、この更新していない間に自分にとって大きなことが二つほどありました。もう少ししたらまた増えます。詳しい内容はまた今度です。
これまで博士課程で京都に来ること以外、人に言えるような人生のターニングポイントのような、重大なことはほとんどありませんでした。ごくまれにそういうのもあったし、そうでなくともニワさんに大きな影響を及ぼしたであろうイベントもありました。けれど、みんながもうやっているはずの就活のような、今後一生かかってくるような大事件はなかったと思います。
さすがにもうD2で、人より長くやってきた学生生活も終わりが見えてきて、ようやく先行きを考えないといけなくなりました。
そんなわけで、大事件が起こりやすくなっているんでしょう。多分人生の転換期です。選択のときみたいです。


そんなことを、また飄々とここに書いていきます。
もう就職した人も、まだこれからな人も、研究やっててニワさんの実情がよくわかる人も、今後のニワさんの展開を眺めてみてください。きっとそこら辺の人(失礼だけど)とは違う展開になっていくと思います。



あー、ひさびさに文章書いたけど、楽しいね!
決して文章得意じゃないけど、これからもよろしくお願いします。
[PR]
by dirniw | 2008-01-13 18:29 | うーん

わかってはいたけれど・・・。

いざ聞かされると笑うしかなかった。
そんな予想を上回る結果が返ってきたよ!

いや、昨日、歯医者に行ったんですよ。
ずーっと前歯が欠けていたので、それをなんとかしようかなと思ってね。前歯が割れたのは実に15年前です。そのとき埋めてもらったんだけど、さすがにまた欠けてきちゃってるわけです。虫歯も見える範囲であったし、痛くないけどこの機会に一掃してやろうじゃないか!
長いこと歯を無視してたので、多少の惨状は覚悟の上。大学のすぐ側の歯医者さんに行ってきました。
それほど大きくない構えに若めの歯医者、歯科衛生士の方々。雰囲気いいところでしたよ。予約して開業直後に行ったけど、お客さんもどんどん増えるし、人気があるのがわかります。診察台の前にはテレビもあるし、診察台が部屋の離れたところにあるから他の患者が気にならない。新しいところなんだけど、いろいろ気を使ってあるんだなぁと関心しました。

そして肝心の診察。歯の割れているのを説明し、まずは歯科検診。続いてレントゲン。さっきまで朝のワイドショーだったテレビ画面に、自分の歯並びがどーんと現れました。
そして歯医者さんの説明。ホント優しく教えてくれました。
前歯が割れているのは、以前の詰め物が取れているだけなのですぐ埋めましょう、とのこと。そりゃそうだ、なるほど。昨日はこれを処置してもらいました。そこそこ自然にしてもらいました。

そして虫歯。ここからがやばい。
「親知らずの横の歯ははっきり虫歯ですね。さらに、この辺一帯見えてないと思いますけどずーっと虫歯です。」
マジですか・・・。パッと見で何個虫歯があるのか数えられずにヘコむ。とりあえずそれを聞いて苦笑、愛想笑い。聞かされるとつらいなぁ、自業自得なんですけどー。しばらく通院して治して行きましょうって励まされちゃったよ。
さらに関連して。親知らず、これまで一本も抜いたことないんですよ。痛みとか全然ないし。でも今回、レントゲンを撮っていろいろわかってしまいました。右の方は歯並びよく生えているので、わざわざ抜かなくてもいいみたいです。なんだけど左がやっかい。特に下の歯。思いっきり斜めに生えているから空間できてて、プラークとかよくたまると言われました。「これはもう歯として機能していませんし」って言われたし、抜くのもいいかなと思うんだけど。
やっかいなのは、この親知らずが根深いこと。歯の下を走る太い神経にかかってる。これを抜くとアゴの左半分くらいが麻痺するらしいね。そして、「ウチではできません、口腔外科医を紹介します」と。もし抜くなら入院ですか?全身麻酔ですか?やりたくないなー。

また明日歯医者行きます。長いこと通院続きます。ちゃんと治しにいってきます!
[PR]
by dirniw | 2006-12-15 00:27 | うーん

オリジナリティー

先に言っておきます。ニワは極めて元気です(笑)
でもなんだか、グッタリしてます。研究の話なんだけど。

最近、ようやく1個目のテーマが完全に片づきそうで、新しいことをやってます。うまくいきそうなきっかけは掴んでいるから、どりゃーっと実験したものの、あんまり変わらず。進歩してない感じです。

焦ってもしょうがないので、実験しつついろいろ考えるワケです。
この次は何をやろうかな・・・って思ってると、やっぱりとっても新しいことをやりたくなるんですよ。これまでの研究を発展させるのも面白いし、大切で、多分正しい研究の進め方なんだけど、新しい流れを作りたいなぁと思っていろいろ考えます。「ニワといえばこんなんやってたなぁ」っていうのを作りたいワケです。せっかく博士課程にきて3年(以上)も研究できるんだしね。
あーしたらこーなるだとか、こんなことができたらいいなぁとか。ひたすら考えていました、今日は。

ちょっと考えすぎて、グッタリしてます。
あぁそうだ。考えてばっかりってのは苦手でした。実験してないと逆に疲れるなぁ。

こんなとき、家に帰っての気分転換が見つからないと、なおグッタリです。
やっぱDS早めに買っとこうかなぁ。

こんな日記書いていても、ニワは元気です(笑)
[PR]
by dirniw | 2006-09-21 00:51 | うーん

あー、あー、サッカー??

前よりマシ。でもちょっと辛い。
15点です。100点満点ですよ。試合の評価じゃないですよ。

帰るときの満足度ね。

でも川口に神が舞い降りたのは信じる。あれは凄い。本当に盛り上がった!
中途半端に希望がつながった・・・ので、ブラジル戦を見ることになりそうです。ありえん(笑)

すでに気分は4年後。いったい誰がキャプテンで、誰が真の司令塔なんだろう。
でもやっぱ個人的には、渋幕出身のあの人に代表になってほしい!祈る!

今日はもう眠いんでこのくらいにしときます。今週頑張らないと!
[PR]
by dirniw | 2006-06-19 02:20 | うーん

く、苦しい・・・。

切ない。切なすぎる。
なんだか気持ち悪くて眠れないよ・・・。

なんでこんな気持ちになるんだろう。どんな苦しみにも比べられない。
なんであと10分切ってこんなことになるんだろう。

ブログに苦しいことは書かないようにしてきたけど、今日は辛すぎる。
せっかくみんなで盛り上がったのに。

コメント書いてくれてる皆様、必ず返事するんで待ってください。
元気になったらまた書きます。ふぅ・・・。
[PR]
by dirniw | 2006-06-13 00:46 | うーん

住み処を守れ!

蜂の巣退治シリーズ、スタート。その1です。
シリーズものは「京都に向けてシリーズ」に続く第二弾。
このシリーズ、多少気持ち悪いところもあるかもしれませんが、ゴメンナサイ。

昨日のバトンでも言ったけど、蜂の巣がとことん萎えます。
最近朝カーテン開けて気持ちよくなれません。これはなんとかせねば!

相手は小型とはいえ蜂。間違って家にでも入られたら大変なことになる!ここは遠距離戦で勝負を決めたい!ゴキブリとかも嫌いだけど、蜂なんてもってのほか。叩きつぶすとかしたくないので、これは強力な武器を仕入れないといけないわけです。
こちらは朝ら夜中まで大学にいるわけで、昼は相手の思うがまま。いいポジションを取ったり巣を拡大することでニワを脅かすわけです。対策として、できれば蚊取り線香的な「置いておくだけで除去できます」というアイテムがほしいところです。多少効力が低くても、3個4個置かせてもらいます。でも蜂の巣って民家でできたら、業者に頼んで取ってもらってる気がするなぁ。小さいヤツはどうするのがいいんですか??

ところが。私は一応化学に触れてる人間なんで、ここは薬品で戦いたいところ。
蜂と言えば前の研究室の時、02(実験室の一つ)にアシナガバチ(?)が入ってきました。一匹だったのでふわりが格闘して、いろんな試薬をかけていたのが思い出されます。印象強かったのがアセトンと○○(都合により伏せます)。即死です。対昆虫兵器としては言うことありません。どちらもごくごく普通の有機化合物なので、もちろんこっちの研究室にもあります、たくさん。

ということで、さっき○○を持って帰ってきました(多分、違法。だから伏せ字)。
戦闘開始だ!これで一発だ!帰って意気揚々と○○入りの瓶を取り出し、ちょっと暗いけどカーテン全開でベランダを照らし対面!いつものようにヤツらがいる!

・・・ん?
見慣れないヤツがいました。少し大きめのクモ。巣の横にペタッと張り付いています。
今朝はいなかったのに・・・。ヤツら、ついに仲間を呼んできたようです。これ以上勢力を拡大する前につぶすしかない。今夜ケリをつけて爽快な朝を迎えるために!

クモの近い蜂の巣に対し、少量の○○を発射!瓶から振りかけるようにピュッ!
すかさず動く蜂&クモ!しかし蜂は巣にくっついてるのか動きがのろい!さらに追い打ち!ピュッ!!
蜂はひょろひょろと飛び出しました。どっちかいうと落ちていく感じ。クモはもの凄いスピードで避難。とりあえずヤツらを視界から消し去ることに成功しました。ヤツらが間違ってウチに避難しないように、オレが避難。同時に施錠!これで今日の仕事は終了!
クモ側の巣はクモもろとも消し去りました。・・・が、巣はまだもう一個あります。巣と言うにはあまりに小さいので、後日やっちゃいます。というか、一個に集中しててすっかり忘れていました。

夜遅くに一仕事しました。ふぅ。大分○○を使っちゃいましたが、後日またこっそり補給してベランダ完全復旧を目指します。同時に昆虫避けの導入を考えないとなー。なんとかこのシリーズ、その3までに終わらせたいと思います。みなさん応援お願いします(笑)
[PR]
by dirniw | 2006-05-17 23:57 | うーん

問題発生!

今日は変な書類に振り回されることもなくのんびり実験してました。
いい日、いい日です。涼しかったしね〜。

そういえば正治さん(教授です)の講演会があって聞いてきました。いまだに教授な気になれません。講演会前に少しだけお話しました。
正「聞いたことがあるような話だよ」
niw「ですよね、でもなんとなく聞かせてもらいます」
みたいな、他愛のない会話です。いずれ宇治に飲みに行く!

で、家に帰ったら問題発生!少し気持ち悪い話です。

昨日夜洗濯機回して(洗剤なし)干したときに、ベランダに小さな蝉の抜け殻みたいなのがありました。しかも2つ。季節早すぎるよ!とか思ってほっといて洗濯物釣っていたら、衝撃が。

抜け殻、ピクピク動く!!

しばらくジッと観察しちゃったよ。一番後ろのしっぽの方がうずうずしてる。2つとも。
これは怖い!早く干して部屋に入ろうと思っていたら、殻から出てきたのはハチみたいなやつ。最悪だ・・・。もうびくびくして部屋へ退散だよ。明日抜け殻つぶしてやるか・・・。

で、今日。
洗濯物取り込みついでに昨日の抜け殻つぶそうかと思ったんだ。
今日もピクピク動いてるよ・・・?
勘弁してくれ!しかももう1個はなんとハチの巣に成長!!
すごーいちっこいハチの巣で、一匹だけミツバチっぽいのがうろうろしてました。
びくびく洗濯物取り込んで退散。

決断。殺虫剤噴霧で抹殺!明日買ってきます。
ホントぐったりだ・・・。
[PR]
by dirniw | 2006-05-13 00:38 | うーん

原付免許!

昨日鮫洲(品川の近く)の免許センター行ってきたぞ!!

・・・・・・しくじったけど(涙)

原付だけの免許を取りに行った人はあまりいないと思うので説明。
16才から取れる原付は50点満点の学科試験だけで免許がもらえます。46問は各1点、最後に絵を使った状況把握みたいな問題が2つあって、それぞれ3つずつ問題が。完答で各2点。多分普通車の免許もそうなんだろうけど、問題がややっこしいよおい!
まぁ予想してたので、今回「これ一冊で原付が取れる!」みたいな本を購入。電車の中や家で読んで、本についてる問題は完璧に解けるようになりました。これならいけるだろうと思って。試験前日の夜ちょっと酔った状態でネット上の問題解いたら、45点。きわどい・・・けど酔ってこれならいけるだろ!調子に乗って突撃。
試験前はそれなりの緊張感。そこは試験慣れしてるはずの経歴でがんばろうと自分励ます。試験終わってあっという間で合格発表。ホントイヤな間だった。

結果。44点。
ふぅ・・・。ちゃんと点数教えてくれるのね。

打ちひしがれていたら、午後にもう一度受けられるとのこと。午後だと夜のサシ飲みに間に合わない!(後述)と思うモノのニワくん残された時間があまりないので再チャレンジ。受験するだけなら1500円くらいでした。2時間ヒマになったんでまた勉強&お昼寝。寝たのがまずかったか・・・。

午後の結果。42点。
下がってる・・・。

2度目はいけたかと思ったのに下がってへこむ。
なんだかむかついてきて、本屋へ行き「これなら受かる!」本を2冊追加購入。もう満点取ってやるよちくしょー!
と、いうことで、明日リベンジしてきます。

学科落ちて原付の練習がなくなったので時間がたくさん空いてしまいました。なのでテレビの値段調査をしにアキバへ。京都邸思い出してテレビの大きさ&種類を考える。液晶ほしいなぁ・・・。けどブラウン管の倍以上。軽いブラウン管あるならいいけどそんなんないよなぁ。テレビをテレビ台におかず低めの棚に置こうと思ってるので、棚を先に探そうということに。テレビは決められなかった。

夜はasksとサシ飲みしてきました。サシ飲み、ニワの本分です(笑)asks、何気にサシ飲みの回数多い方なんじゃないかな。これまでたくさんサシ飲みしてきたけど、これで東京サシ飲みラスト。飲んでくれてありがとうね。サシ飲みしたくなったら京都にきてください(爆)
話の中でしばらくサシ飲みないなぁとか言ったけど、そういや4月1日にいきなりサシ飲みin京都だった。京都でもいろんな人と飲む!
[PR]
by dirniw | 2006-03-28 10:39 | うーん


もうどこに行くか全くわからない。相変わらずマイペースな日常を綴っていきたい・・・なぁ


by dirniw

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
全般
飲み!
京の都にて
京都邸の生活
lab
東京のお話
京都へ!
うーん
お買い物
海外へ!
旅がらみ
東京に戻る
in Boston
神戸の生活
大学のお話
未分類

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 08月
2011年 11月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧