僕の給料も削減対象

にわです。先週はいろいろ萎えました。アメリカから日本のニュース見てますよ。
もちろん、一番萎えたのは事業仕分けで削られたお金のことです。

今僕がお世話になってる「特別研究員事業」というヤツも削減対象です。これは博士課程の学生(最近は当選率20%程度?)に給料を渡して生活を支援するという事業です。最近はCOE(これも削減になった)など他でもお金をもらえるシステムができてきたので、博士課程まで来ればバイトせずともある程度生活できる、そんな感じでした。
今回の授業仕分けでは、他費用効果がしっかり評価につながりました。特別研究員のように限定された人に給料を渡すだけのシステムでは、問題視されて当然です。もちろんお金をもらうワケなので、事前の研究提案書と事後の結果報告はもちろん要求されます。けど目的達成率なんてものは測定できないし、評価によって金を返すわけでもないわけです。かかるお金に対して、何も納税者へのリターンは皆無にも思えます。この制度自体、学生の競争を促すことはできても問題点はまだいっぱいあります。

でもこれをなくすってのは、博士課程に行くなといわれているようで、博士課程進学自体を評価していないことのようで、何だか腹が立つわけです。

元々博士課程を増やして国の研究水準を底上げしようとして始まった制度です。今は景気も悪く博士を使いこなせていないんだから、人数そのものを減らすと言うこと自体は賛成です。けれど、このシステムがあって、それを無くすっていうことを、本当に賢い研究者の卵はちゃんと理解しちゃうと思います。「今、博士課程に行って研究の道に進むのはどうなのか」と。
かつていた東大(理)も京大(工)も、本当に優秀そうな人は修士で卒業して、専門分野を活かした企業なり、全く関係ない金融や保険業界に行ったりしてます。彼らは彼らでしっかり活躍しているし、いいと思うんだけど、そういう人たちが増えていくことは、基礎研究業界にとってどうなんでしょう?限られた人材を企業や大学が取り合うのは普通のことだと思います。けど大学にある魅力が純粋な基礎科学への興味だけだとしたら、これから100年後も企業とやり合っていけるのかなぁとも思います。
本当に賢い人たちが博士にならないのならば、博士の質は落ちていき、博士の評価は今より下がるでしょう。もちろん基礎研究のペースも期待できないし、日本は「海外の科学で技術を作る」国になるんでしょう。ピンと来ないかもしれないけど、ips細胞の原理を「買って」実用化を目指すみたいな感じ?そういう加工貿易的な技術立国を目指すなら、せめてアメリカに勝てるくらいフットワークの軽い国になってほしいなぁと思いますけど。そうでなかったら、「技術」も他国に先越されて、結局「科学技術は輸入する」になっちゃうよ。そしたら、日本はどの分野で稼ぐ国になるんでしょう?

ながなが書いたけど、日本が科学と技術で稼げる国でいて欲しい(他に何で稼ぐんですか?)から、その根っこにある基礎研究と研究者をある程度評価してほしいな、ということです。今回仕分けされたけど、「科学技術はゼロでいい」じゃなくて、効率よく再分配すると信じています。その時に、政権の皆さんの科学に対する考え方がわかるんだろうと思います。


ところで、最近twitter始めました。たまたま始めたばっかでこんな問題がでてきたから、twitterは大盛り上がりです。でも、みんな何しか科学者なので、冷静に分析して自分らにできることを言い合ってます。ちょっと嬉しいね。ただ国や文科省の批判に終わらない人たち、もう動いてる人たちがいることを知ることができて、twitterやっててよかったなと思いました。

なんで、ヒマだったらフォローしてください。http://twitter.com/merushi
[PR]
# by dirniw | 2009-11-17 11:23 | うーん

今さら痛感

今、近い将来の研究について一生懸命考えていますが、今ひとつ進みません。気分転換します。

今日、僕の分野では高名なある日本の研究室の準教授が、ハーバードに講演に来てくれました。
スポンサーはメルク・万有という製薬会社です。この会社、毎年優秀な若手の先生を一人選んで、アメリカに講演旅行に行かせるというプログラムをやっています。プログラムは当選した方が自分で組むんですが、お金は全て会社持ちです。タダでアメリカ周遊です。たくさんの知り合いを作れるのはもちろん、自分の研究をアピールできる最高の機会です。この枠はなかなか当てるのが難しそうで、ちょっと日本でいい賞をもらっているくらいでは難しいみたいです。
そんな賞をもらって来ているんだから、化学はちゃんとしてます。毎年面白い人の化学が見られるとあって、アメリカ人の聞き手も楽しみにしてるみたいです。実際、今日の講演会はかなり賑やかでした。この賞で来るのは確実に日本人なので、こちらも日本のハーバードの先生(化学の建物には一人(Kishi)しかいません)が紹介するわけです。威厳あります。70過ぎた先生ですが、妙に機嫌良く元気です。
それで、講演はやっぱりよかったですよ。自分が好きな感じの、いい展開してて、見てるだけでも面白かったです。英語はがんばって練習してる風で、ゆっくりながらも丁寧にしゃべってたと思うんですよ。隣に座ってた朝青龍(似の女の子)に聞いても「発表はよかった」っていうんだから間違いないでしょう。

ところが・・・。質疑が全くかみ合ってなかったなぁ。
こっちの先生が真剣に質問してるんだけど、英語が聞き取れてなかったような・・・。返事が返事になってないし、パワポのページを猛烈にめくり始めて、結局使わないとか。kishi先生の英語も聞き取れてなかったみたい。一度聞き逃してパニクってしまったんだろうか?会場から失笑が出るような状態で、朝青龍(女の子)の隣にいた学生に、「何が起こった??」みたいに聞かれちゃった。オレもわからんよー。
発表は事前に練習できるけど、質疑の質問文は用意できないからね。いざ生の英語がきてテンパったのかなぁ?けど、ここを何とかできないと「努力はするけど考えてない」みたいに受け取られがちなんだよね。日本語のやりとりでもそうだけど、質疑こそ能力が出てしまうとこだと思うんだ。せっかく超優秀な賞をもらって来てるのに、こっちでの評判はむしろ悪くなっちゃうような印象を受けました。

オレのしょぼい英語力でも、毎日英会話して冷静に聞いている分には聞き取れたんだから、英語漬けになってる生活は生きてるんだろうなぁ。けど、日本に帰ってこそ英語の習熟の意識をしないと、こういう肝心なときにミスって印象悪くなるってのが怖いねー。日本に帰ったときに、近くにネイティブの友達ができたらいいなぁ。

そんなわけで、英語はやっぱり大切だと今さら痛感しました。
[PR]
# by dirniw | 2009-11-07 10:10

ハロウィーン

10月31日はハロウィーンです。
アメリカに渡るまで全く気にしていませんでした。というか、はっきり覚えてなかったかな・・・。

多分欧米では大きなお祭りの日なんですよね?テレビでも出演者のほとんどが仮装してるし、googleもハロウィーンっぽくなってるし。大学のあるCambridgeの街中でもデコレーションがたくさんあります。普通の家にでっかいクモの巣やバラバラの遺体(レプリカ)が転がってて、みんな本気です。

我が化学の建物(CCB)では金曜日、30日に飲み会がありました。飲み会自体は毎月恒例なんだけど、ハロウィーンスペシャルだとメールで回ってきたので、カボチャや仮装が見られるのかなと期待したんだけど・・・。何にもなかったねー。いつも通り樽生飲んできただけです。
31日になってもカボチャは現れず、何だか残念。となりの学生(MIT卒業生)に聞いたら、MITはちゃんと何しかやっていると教えてくれました。MITの化学の建物がどうかは知らないけれど、何かまたHarvardとMITの空気の差が出ちゃった感じです。

ホント、Harvardの人たちはマジメな感じだなぁと思います。

まぁでも街中は楽しくやってるみたいだし、テレビの仮装は全力でやってるから面白いし、結構エンジョイできてます。これから同僚(日本人)の彼女の所属するコーラスを聴いてきます。大学の中のチームなんだけど、今日に演奏会設定するんだから、今度こそハロウィーンっぽいイベントになるかな?
[PR]
# by dirniw | 2009-11-01 07:17 | in Boston

Happy Mole Day!

完全に化学ネタです。

今日はモルの日だそうです。

昼過ぎに同僚の講演会みたいなものがあって、小さな講堂のようなレクチャールームに行ったわけです。そしたら黒板に子供が書いたようなキャラと「HAPPY MOLE DAY!」と書いてありました。

別に分子に関する歴史的発見のあった日とかではありません(多分)。黒板に理由が書いてありました。それは化学で出てくるアボガドロ定数(6.0223×10^23)というやつです。1モルは6.0223×10^23個の分子から成るように定義されています。

なのでこれにちなんで
朝6時02分23秒、10月23日
ということで、モルの日です。


いいよね、こういうジョークがドーンと講演会場に書き残してあるのって。
そういやちょっと前に「ポスドクの日」ってのもありました。こっちは何でか全くわからないけど、メールか何かで広く認知されてるみたいです。ジョークに理解がある人たちだから、ジョークが伝わりやすいのかなぁ。些細な冗談をちゃんと笑ってくれる人たちって印象いいと思うけど、日本にはなかなかいないよねー。1対1の会話ならまだしも、スピーチや講演会のジョークはむしろ日本じゃ印象悪いように思います。

とはいえ、関西の学会に行くと積極的に笑いを取りに行く人もいます(ニワの元ボスはそうでした)。ふざけてたり誤魔化すのに使う、マイナス印象なジョークではなくて、場の空気を和やかにして、ディスカッションが円滑に進むようなプラスに受け入れられるジョークがいいね。
そういうジョークを披露できる人が、ウチの業界はもちろん、広くマジメな世界に広まったらいいのに。

もちろん、聞く側が真に受ける人ばかりじゃダメなんだけど。いっぱいいるじゃん、マスコミの流す情報に、ブログや何かで批判ばかりしている一般人。こんなんじゃまだまだ日本社会にいいジョークは生まれないだろうなと思います。

僕は僕で、身近なところでがんばってみます。こっちのジョークは思ったより面白いよ!
[PR]
# by dirniw | 2009-10-24 09:23 | lab

ブログ再開

完全に放置してました。半年くらいかな?
エリサのブログに合流して、ここは終わりにしようかなぁなんて考えてたんですけどねー。

先日、エリサがブログの変なコメントやトラックバックを整理(消去)してれました。
結構な量というか、絶対大変だったハズです。
そんでもって、「このブログは私にとって大切だ」と言われてしまいました。
なので、合流→消去の流れはナシで、また週一くらい書けたら書いていこうと思ってます。

ブログに書くのが面倒で更新しなかったのかなぁ。
最近twitterに興味があって、ちょっと始めてみようかなぁなんて思ってました。
ってことは、少しはここにかける話題もあるんでしょうね。
ボストンにいるとはいっても、変わり映えのしない日常になってます。
なんとかひねり出して更新してみます!
[PR]
# by dirniw | 2009-10-18 06:30 | 全般

ブログ引っ越し計画

ブログを3ヶ月以上ほったらかしにしてました、にわです。
すみません。

京都から一時東京へ戻り、ついにはボストンに来てしまいました。
3ヶ月の内に結婚もし、自分的にはこれまでにもこれ以降にもない怒濤の時期だったと思います。

でも、もうそれを書くのは難しいのです。
あまりに多すぎてねぇ、どれもこれも。

心機一転、ボストン編から書きたいとこなんですが、
現在エリサのブログに共存させてもらおうかと思ってるところです。
彼女と一緒に生活してるし、書くことが似たりよったりなので・・・。
文章は彼女の方が上手だしね。

そんなわけで、近々こちらを閉じて、向こうに移動するかもしれません。
そのときはURL掲載するのでニワの様子を知りたい人はそちらを見てください。
そんな、連絡事項でした。また書きます。
[PR]
# by dirniw | 2009-04-29 10:32 | 全般

パソコンなくしました

実に2ヶ月ぶりの更新、にわです。みなさん元気ですか?

この更新の途絶えた2ヶ月間、いろいろありました。
でもブログが途絶えたのは、家にパソコンがなかったからです。
なくしたのかって??違いますよー。

この2ヶ月の間、ずっとD論を書いていました。myパソコンは大学に持って行って、実験しながらポチポチ、ちょっと身体が疲れたら座ってポチポチ、書き進めてきました。普段原付で通ってるので、あまりパソコンを運びたくありません。そういうわけで、週末以外大学に置きっぱなし。大学ではネットにつないでないので、全く更新しなかったわけです。mixiも同じ理由で触っていませんでした。
週末は持って帰って、やっぱりD論です。「パソコンがなかったから更新しなかった」というより、気持ちがそっちに向いてなかっただけですねー。ほったらかし。

けどなんとか年末に目処がつきました。例年のこの研究室のペースより大きく遅れてほぼ完成です。D論が書けたら、意外と多い必要書類をつぶしていくだけです。でもこれが意外に多い!
そんなわけで、年末年始のヒマな時間にやろうかと、ボストンバッグにつめて一緒に帰京しました。27日です。東京駅コインロッカーに預けて新宿へ。一緒に飲んだユリゼナーの皆さま、お世話になりました、楽しかったですねー!いつも通り(?)徹カラをこなし、眠い目をこすって帰宅・・・だったんですが。

コインロッカーにちゃんと寄って帰ったにもかかわらず、家に帰ったらバッグがなかったんですよねー。何だか眠くてよく覚えてないというか、途中で気付いた気もするけど帰りたかったというか・・・。
全く慌てず28日に捜索。地下鉄、東京駅、交番に行って届け出。実はすぐ見つかると思っていたんだけど、全く見つからない。ダダ凹みになって帰宅、パソコンが、お気に入りのバッグが、エリサにもらったたくさんの服が・・・。

年末年始は最低な気分でした。何せ完全に自分の不注意なんで。怒る人より慰めてくれる人が多かったくらい、凹んでたんだと思います。

D論のデータは幸い他に取ってあったんで、全てあきらめようかと覚悟してた所、年明け京都に帰ったら「荷物ありました」のハガキが。荷物ありましたよー!
でもにわさんは既に京都。ものすごく申し訳なく、エリサに頼んで取ってきてもらうことにしました。今回の件、猛省してます。スミマセン。
[PR]
# by dirniw | 2009-01-06 00:46 | 東京のお話

ノーベル賞はすごいけど

それどこじゃないです。D論間際にちょっと忙しくなってきました。
ちょっとブログをほったらかしにし過ぎたので、少しだけ書いておきます。

前に書いたように、ニワさんは今度留学します。英語とか全く苦手ですが、そんなことは心配していません。益川教授も全然ダメだそうです。それでもノーベル賞、ホント心強いですねー。
英語は苦手だけど、できることならアメリカにいて働けるのもいいなぁと思っています。アメリカなら企業でも楽しいかなと思ってて。もちろんずっと日本の企業よりしんどいだろうけど、体験として面白いし、給料もしっかり出るしね。企業でないならなおさら幸せだけど、さすがにそんなに甘くはないよねー。
けれど、そういうことを相応するほど、日本の研究職の待遇は悪い!

最近ノーベル賞が日本人で4人出た、というけど(それは嬉しいことだけど)、日本人は2人ですよ?下村先生と南部先生は若くしてアメリカに行ってアメリカで研究した内容で賞をもらった、国籍もアメリカの方です。絶対手放しに喜べないなぁと思ってます。
それだけでなくて、最近国民年金の猶予(学生特別猶予)に利子が付き始めたり。
奨学金が返せないときの処置がどんどん激しくなってきたり。
いつか「東大の博士の授業料はタダにする」ってニュースが流れたけど、実は違っていたり。

はっきり言って、仕事や研究するのに国を選ぶ義理はないと、最近感じています。なんか、そう思うくらいイヤなニュースばかりで、イライラしてます。あ、D論近いからかな?
けど、研究者の待遇については最近ニュースでも取り上げてくれるコメンテーターとかがいて、そんなニュースは喜んで見てます。

偉いこと言ったってアメリカで働くのはハードルが高いし、国の制度を変えて学生の待遇をよくするとか考えられないよね。でも、どっちか実現したらおおいに自慢したいなぁと思ってます。よろしく。


ちょっと加筆。
南部先生って、wikiだと日本人だけど、ノーベル賞のページだとUSAってなってるよ。正しくは日本人なの?
[PR]
# by dirniw | 2008-10-12 19:07 | lab

京都を英語で案内

ついさっき帰京(京都に帰る)しました。
東京にいる間に会えた人たちには「ありがとう!」です。
東京の方が涼しいとか言ってたけど、こっち来てみたらもう大して変わらないね。東京も十分暑かったです。

さて、ついさっきメールチェックしました。
普段よく使うメールはどちらもwebメールなので東京でも見られるんだけど、見ない。面倒なメール見たら返信するのに疲れるんでねー。そしたら、一つお仕事を思い出しました。
今度、かなりデキる外人を京都観光に連れて行きます。

研究室にいると、しばしば外国の先生方が訪問に来ます。たいがいは教授や助教と化学の話をして、みんなを集めて講演会を開き、先生方と夕飯を食いに行きます。学生の立ち入るヒマはありません。講演を聞くだけです。聞いてもしょうがないものから、よく聞く名前の先生の講演が聞けると楽しみになるものまで、ピンキリです。けど、一方的なので楽なモンなわけです。
けど今度、アメリカの、有名な研究所の、有名な教授の下にいる、卒業間近の学生が来ます。彼もいつも通り講演をして、化学の話をしてくれるみたいです。
なんだけど、今回彼は京都をゆっくりしたいと2日間滞在するみたい。多分彼の希望なんでしょう。それで誰かが一日ホストをしろということで、依光さんからご指名頂きました!

・・・英語でサシで京都案内やります。

やー、大丈夫じゃないだろな〜。化学の話は英語でのりきれるけど、雑談とか難しいしなぁ。何より京都のことあんまり知らないよ?英語で説明、ちょっとムリです(笑)
なんだか、彼ももうすぐハーバードにPDで行くというのでオレが当てられたみたいです。そういうことならいろいろ聞きたいんだけど、アメリカ人の英語をどのくらい聞けるモンなのか、試されるときがきた!・・・全然勉強してないけど。

さっきのメールの中に、彼のCV(履歴書)がありました。パッと見、やっぱりデキる人みたいです。一応学年的には同期みたいだし、コケにされないよう彼の研究の予習しておかないと。
あと、ちょっと京都の勉強して、観光対策をしようかな。英語は・・・そのまま行ってみよう!
[PR]
# by dirniw | 2008-08-16 21:10 | 海外へ!

フランス行ってきました

7月は忙しかった!まだ半ばだけど。
月一更新を続けるニワです。みなさん元気ですか?

先月半ばくらいから日曜に用事が入ってることが多くって、パソコン開くこともゲーム進めることもなかなか。自分のブログはもちろん、人の日記も読めません。そんなわけだけど、ようやく今日はのんびりです。休養日です。
特に昨日までは旅行三昧で、結婚式で札幌へ行き、化学の若手の集まりで須磨(神戸)へ行き、昨日まで学会でフランスへ行ってました。海外は実に9年振り!大学時代にもっといっとけばよかったかなー。

フランスはよかったですよ、あーよかった!ホント帰りたくないなぁと思いました。
何がどうと言い出すと書ききれないし、上手く書けません。
けど、困ったことと言えば時間が足りなかったくらいで、3ヶ月くらい住みたいと思いました。

一番びっくりしたのは、とことん日が長いこと。
緯度が高くて夏なので、考えればわかるはずなんだけど。けど大分驚いた!
初めはパリに夕方ついて、ホテルに7時くらいにチェックイン。夜景を見にエッフェル塔に登ろうと思っても、全然暗くならない。エッフェル塔は多くの観光客が長い列を作っていて、その内に日が沈んできたんだけど、ちゃんと夜になったのは10時くらいかなぁ。夜になったら治安悪くなったりするかなぁと思ってたんだけど、空は明るいし人は多いし、もうなんだかよくわからなかったです。日本にいたら夜になってから遊び始めるけど、こっちは暗くなったら「2次会まで終わりました!」みたいな空だった。サマータイムで1時間早くなっているんだけど、それでも日が長いなぁと感じました。朝は一体何時に明けてるんだろう?

今は京都の夕方5時半で夕日が少し差し込んできました。この感じ、ちゃんと日が暮れてまた朝が来るサイクルって、大事なんだろうなぁ。ちなみに、多分冬のパリは真逆で夜が長いんだよね?そんなスタイルに慣れられるかなー。


今回は学会で行かせてもらってホントによかった。もう当分こんなことはないでしょう。やー、おもしろかった!
[PR]
# by dirniw | 2008-07-21 18:00 | 海外へ!


もうどこに行くか全くわからない。相変わらずマイペースな日常を綴っていきたい・・・なぁ


by dirniw

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
全般
飲み!
京の都にて
京都邸の生活
lab
東京のお話
京都へ!
うーん
お買い物
海外へ!
旅がらみ
東京に戻る
in Boston
神戸の生活
大学のお話
未分類

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 08月
2011年 11月
2010年 08月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧